ポイントサービス | 不動産を賢く使う「無駄を省き楽して儲けるはなし」

ポイントサービス

塗装をした

木材利用ポイントに関するこれまでの変遷について見ておく

どの地域・国においても、自然の恵みを利用してきた歴史がありますが、特に日本では昔から木材建築なども見られ、家具などにも木材を利用していると、木の温もりを感じるといった人も多く存在します。木材については、自然の中で大切に育てられて伐採・加工し、消費者の私たちの住宅などに使用される事になります。その場面は多くありますが、地域の特定木材を利用する事で、木材利用ポイントサービスを活用する事ができます。木材利用ポイントサービスが、林野庁の補正予算枠事業として始まったのは、2012年の事ですから、まだ数年しか経過してはいませんが、サービス内容が充実しているため、利用者も多くなっているのが現状として伺えます。

木材利用ポイントについては、該当建材使用状況や薪ストーブ購入状況によって、活用する人も多く見られましたが、現在のところ延長措置として、平成27年5月31日の当日消印有効期限まで申請ができます。木材利用ポイントサービスをこれから知る人が出てくる可能性もあり、申請期限に向けてラッシュでポイントを申請する人が増加する可能性などもあります。加えて、補正予算枠としての上限金額に到達しない場合には、申請期限の更なる延長が実施される可能性も見込まれます。また、予算については、地域活性化や環境保護活動の一環として、その他の項目での利用が実施される含みももっています。今後の事業案には、まだ余白が残っている可能性もあります。