積極的に利用しよう | 不動産を賢く使う「無駄を省き楽して儲けるはなし」

積極的に利用しよう

間取り図を作る

木材利用ポイントの目的

木材利用ポイントの大きな目的の一つに国内の森林保全、整備というものがあります。厳密には国内というのではなく地域材という表現がなされています。というのもこの制度で国内の木材に使用を限ると明記してしまうと世界貿易機構の条約を違反しかねないからです。しかし地域材とうたい細かな条件を付けることで実質的に国内の木材に限定しているのです。木材利用ポイントではこうした国産木材の利用を促進して農山漁村地域の活性化を目指しています。とはいえこの制度のために今迄外国産の木材を使用していた建築会社のうちどれほどの会社が国産の木材を使用するかというのは不透明なのです。というのも国産木材というのは外国産と比較して安定的に大量生産することが難しいのです。更に工事現場で作業する職人も産地の異なる木材を使用するとなるとそれ相応に反りなどを読む必要があるのです。

国産木材の利用促進につながるのか

木材利用ポイント制度があるからといって今迄外国産の木材を使用していた業者が国産の木材を使用するのは業者にとってはリスクがあることなのです。場合によっては木材利用ポイントで付与されるはずのポイント分を建築業者が値引きをしたほうがリスクや手間が少ないと考える会社もあるのです。実際に木材の産地が変われば扱い方が大きく変わります。現場で作業を行う職人にとっても手間になるのです。ですから今まで国産材を利用している建築会社が恩恵を受けられるのみという見方もあるのです。こうした建築会社での建築を検討している人が建築計画を前倒すだけということも考えられます。このように制度として本当に農山漁村地域の活性化につながるのか疑問視する声もありますが、条件を満たしている施主にとっては工事費用を節約したり様々なサービスを受けることができる魅力ある制度といえます。