上手なバスの選び方

バス

販売店も見定める

バスにはマイクロバスのような小型のバスから、観光バスや路線バスで使うような大型のバスもあります。中古バスの人気が近年あがっていて、特に小型のマイクロバスをキャンピングカーにしたり、医療や福祉の世界でも重用されています。中古バスは市場に多く出回っていますが、購入する中古バスを選ぶときには車体をしっかり確認した上で購入するようにしてください。チェックするポイントとしては、素人でもわかるところでは車体が綺麗であることがあります。バスの周りや内装だけでなく、下からのぞきこんで錆びが多くでていないかであれば知識がなくても確認することができます。エンジンなどの内部に関しては知識がないとなかなかチェックをすることができませんが、修理や定期点検の整備履歴が残っている中古バスは安心して購入することができます。中古バスを購入する時はバス本体とともに購入する販売店選びも重要になってきます。相場より低額で売っている中古バスはなぜ安いのかがわからなければ購入した後に大きな整備費が必要になってしまうかもしれません。前述したような整備記録をしっかり残してあれば、安心して乗っていくことができます。試乗することに快く応じてくれる販売店を選ぶようにしましょう。中古バスは乗り始めるまでにそのままの状態で乗り始めるのではなく、自分の好みや仕事の内容によってカスタマイズが入ることが普通です。販売店でも整備やカスタマイズが可能なところであれば、中間マージンが取られずに柔軟な対応をしてもらうこともできます。

Copyright© 2017 中古バスを高く売る方法!売買の基礎知識を押さえておこう All Rights Reserved.